この記事をシェアする

アイドルになる前の自分の人生をつまらないものにしていたのは他ならぬ自分自身だ、ということを自覚し、反省している二宮飛鳥というアイドル、めちゃくちゃすげーよな、という話

まえがき

最近Twitterでよく話してる内容を改めて整理した記事です。

本題

[ロスト・バレンタイン]二宮飛鳥、というカードがある。あった。今は亡きモバゲー版/ソーシャルゲーム版アイドルマスターシンデレラガールズに。
実装されたのは2016年の1月。(8年前!?!?!?!?!!?)
初めて二宮飛鳥にボイスがついたカード、という意味でも非常に重要な同カードだが、テキストの面においても、同時期に実装されたぷちデレラのセリフと合わせ、「二宮飛鳥とは一体どういうアイドルなのか」について考える上で欠かせない一枚となっている。

「色めきだつ周りに、真正面から反逆したくなる。かつてのボクも同じだった。そんな…昔のボクのようなヤツらを、ボクが踊らせてやる。ほら、手を伸ばせ。厭世的に構えたって、甘い冬は訪れないよ」
([ロスト・バレンタイン]二宮飛鳥+)

このセリフや、目指せ!シンデレラNo.1!(以下、目指シン)や、後にデレステで実装された「エクステンド・ワールド」で語っている内容を総括すると、


・アイドルになる前の自分はとても狭い・退屈な世界で生きていた。それは、自分が厭世的に構えて周囲から目をそらしていたからである
・そんな自分の世界が開けたのは、Pが自分をアイドルの世界に連れてきてくれたから

ということになると思う。

「目指せ!シンデレラNo.1!-二宮飛鳥編-」より
同上
エクステンド・ワールドの親愛度400達成セリフ
エクステンド・ワールドの親愛度MAXセリフ
ぷちエピソード(ステップアップエピソード1)
アイドルマスターポップリンクス(確か最大まで凸った時のセリフだった気がする)
ロスト・バレンタイン 親愛度MAXセリフ

そんな風に過去の自分の愚かさをちゃんと省み、自分がかつてPにそうして貰ったように、今度は自分が、かつての自分のような誰かの世界を変えるきっかけになりたい──と願い歌い続ける二宮飛鳥というアイドル──めちゃくちゃすげーよな、というお話でした。

この記事をシェアする